設備・仕様[空間品質]|【公式】ザ・熊本ガーデンズ|熊本県熊本市の新築分譲マンション

ザ・熊本ガーデンズザ・熊本ガーデンズ

クオリティ

image photo

※掲載写真の窓外につきましては、空イメージを合成したもので、実際とは異なります。
※写真はモデルルームを撮影したもので、オプション装備を施した例、又は照明器具、建具を変更している場合があります。詳しくは係員にお尋ねください。

開放的な住空間

3.4mという階高を活かし、リビング・ダイニングの基準天井高は約2.65mを確保(15階は約2.85m)。間取りの広さだけでは表すことができない開放的な空間を演出します。さらに城見側住戸では、足元近くから大きく広がる全面ガラスを採用しました。一層の開放感に加え、豊かな眺望を満喫することができます。

※天井高には、施工上の都合により、若干の差異が生じる場合がございます。予めご了承ください。
※一部下がり天井が出るタイプがあります。

二重天井・二重床

高い階高を活かし、メンテナンス性に優れた二重天井・二重床を採用しました。防振ゴムで衝撃吸収性を高めた二重床と、床スラブ厚を250mm以上確保(一部除く)することで、上下階の気になる生活音低減に配慮しています。

戸境壁

住戸間の戸境壁には、厚さ約136mmの乾式耐火遮音間仕切り壁を採用しました。耐火性とともに、高い遮音性を保つことで、隣り合う住戸への生活音の伝わりに配慮しています。

住宅瑕疵保険

新築住宅を供給する事業者は、住宅の中でも特に重要な部分である、構造耐力上の主要な部分や雨水の浸入を防止する部分の瑕疵(欠陥)に対する10年間の瑕疵担保責任を負っています。この瑕疵担保責任が確実に履行され、瑕疵(欠陥)に対する修繕・補修の費用を入居者が負担することがないよう、平成21年10月1日より「住宅瑕疵担保履行法」が施行され、事業者の資力確保措置(保険加入等)が義務づけられました。本物件は、この制度にもとづいて瑕疵担保責任保険に加入するため、安心してお求めいただけます。

住宅性能評価書

「住宅性能評価」とは、国土交通大臣指定の第三者機関が、建物を客観的な視点で評価し、その結果を等級などにより表示するものです。その結果が「住宅性能評価書」に記され、入居者に交付されます。ザ・熊本ガーデンズでは、設計図書内容で性能を評価する「設計住宅性能評価書」を取得。また、実際の建物が設計図書どおりに施工されているかを評価する「建設住宅性能評価書」を取得する予定です。

※掲載の設備・仕様はメーカー、行政指導、施工上の都合、その他諸事情により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

ページトップへページトップへ